ギフトノートは、プレゼントや贈り物、ギフトに関する情報をお届けするギフト専門メディアです。手土産、誕生日、結婚祝い、出産祝い、お礼の内祝い等、知っておきたい豆知識や常識の他ギフトとマナーをご紹介しています。

Withコロナの世界だからこそ、お世話になっている会社に『夏ギフト』を贈ろう!

コロナの影響で関係が疎遠に?

県をまたぐ移動も少しずつ増えてきていると思いますが、まだまだ外出は控えておこうと思われる方も多いですよね。
多くの企業が以前は頻繁に直接顔を合わせていたのに、いまはそうしたご挨拶をする機会も減っていることと思います。
もちろんオンライン通話などもありますが、対面で人と会うときの親密さとはかなり異なります。
今年は多くの企業が、普段親しくしている会社とのコミュニケーションが減っているな、と感じられることが多いのではないでしょうか?

贈り物はコミュニケーションのいい機会

人と人の関係には「ザイオンス効果」というものがあります。

ザイオンス効果(Zajonc effect)とは、同じ人やモノに接する回数が増えるほど、次第にその対象に好印象を持つようになる心理現象のこと。単純接触効果とも呼ばれる。

企業同士でもよくお互いの会社を訪ねたりしてコミュニケーションを取るのは、何度も接することで相手にいい印象を与えるこの心理的効果を、無意識に理解してのことでしょう。
しかし現在のコロナで動きにくい、訪問しにくい状況だと、なんとなく企業同士の関係も疎遠になってしまいます。
せっかく時間を使って築いてきた関係が、コロナの影響で距離ができるのは会社としても損失ですよね!

お中元は毎年贈る物なので重い…?

お中元はお世話になっている方に贈るご挨拶のお品ですが、基本的に毎年贈りつづけるタイプの物ですので、ちょっと重いなと考えられる方も多いです。
もし今年に限って、カジュアルな贈り物をしたいなら、ぜひ夏ギフトを贈ってみてはいかがでしょう?


お中元では贈る時期に決まりがあり、熨斗(のし)に書く言葉も「暑中御見舞」「残暑御見舞」と時期によって変わっていき、かなりややこしいです。

しかし夏ギフトでは、こうしたことは気にしないで問題ありません。
メッセージカードを付けて、最近は訪問が減っていることや、相手の状況を慮ることが書けるとよさそうです!

贈る品はどのくらいの価格にする?

ギフトを贈ろうという気持ちを持つのは素敵ですが、相手に負担に思われてしまってはもったいないですよね。
5,000円から8,000円ほどにしておけば、贈られた側としてもあまり気にならなくて良さそうです!
もし相手に気をつかわせたくないのであれば、その旨をメッセージカードにしたためて、同封してみてはいかがでしょうか?

コロナ禍でこそ贈りたい夏ギフト

夏ギフトを贈ってみようかなあと思われた方には、The De特製の風呂敷包みセットがおすすめです!

風呂敷包みセットの推しポイント

風呂敷包みをおすすめするポイントは、3つあります!

①カタログギフトともう一品をセットに

カタログギフトをプラス一品とセットにすると、リーズナブルな価格でも満足感がある贈り物をすることができます。
しっかりとした佇まいで、きちんとした印象を与えてくれるはず。

②涼しげな風呂敷がフォーマルかつ新しい印象

風呂敷というフォーマルな印象を与えるパッケージですが、デザインはとっても涼しげ。
爽やかな夏のギフトをお探しの方には、ぜひおすすめしたい逸品です!
また風呂敷はリメイクして、マスクにすることもできます。

③セットにできる多彩な商品

カタログギフトとセットの一品は、複数の種類から選んでいただくことができます。
甘いもの、ご飯のお供、フェイスタオルセットなど、
贈り先さまの好みに合わせて選ぶことができます!

風呂敷包みセットでは3種類のカタログを選べる

①オーシャンテールグルメ

オーシャンテールグルメは産地から直送をこだわりにしているカタログ。
まだ開発されて間もないため、これまで贈られたことがある方も少なく、目新しさがありますよね!
海の幸や山の幸がたくさん詰まっているので、きっと贈り先様に満足していただけるものがあるはず!

②ジャーナルスタンダードスクエアセット

上質でお洒落なアイテムがたくさん揃っている、いま人気のカタログギフト。
若い方が多い会社に贈るなら、こちらが喜ばれるかもしれません!

③サライの贈り物

サライの贈り物は目上の方に贈るのにぴったり!
渋いアイテムや伝統的な逸品が、サライ編集部の目で選りすぐれらています。

夏ギフトを有効に利用

コロナの影響で難しい状況だからこそ、親しい企業とは力を合わせて乗り越えたいですよね。
ぜひ夏ギフトを贈って、あまり気軽に会えない状況でもコミュニケーションを取ってみてくださいね!

この記事を書いた人